She is very sad

黄体ホルモンの量が違う

a woman is tired

低用量ピル通販を利用する前に、低用量ピルについて正しい知識を身に付けておきましょう。
ピルには低用量ピルと、中用量ピル、高用量ピルがあります。
中用量ピルと高用量ピルはそれぞれ緊急避妊薬のアフターピルとして使用されることが多いです。
「低、中、高」とありますが、これは何の量を指す言葉なのでしょうか。
それは、ピルの錠剤にどれだけの有効成分が含まれているかを指します。
ピルには、黄体ホルモンと、エストロゲンというホルモンが含まれていますが、
このうちの黄体ホルモンの量が0.05ミリグラム未満のピルを「低用量ピル」と呼びます。
病院などで一般的に処方されるの低用量ピルがほとんどですね。
中用量ピルや高用量ピルは、含まれる黄体ホルモンの量が多いため、
セックスの後に服用してもある程度高い避妊効果を得ることができますが、その分副作用も強いですし、
日常的に服用するタイプのピルではありません。
逆に、低用量ピルはセックスの後に飲んでも避妊効果はありませんが、その分副作用も少ないです。
また、低用量ピルを大量に服用することでアフターピルのような効果が表れることもありません。
アフターピルが欲しい時には低用量ピル通販ではなく、しっかりとアフターピル通販を利用しましょう。
低用量ピル通販サイトには、低用量ピルの他にアフターピルも取り扱っているサイトがあります。
これらの違いを理解しないまま低用量ピル通販を利用してしまうと、誤った服用方法で避妊効果が激減するだけでなく、
思わぬ副作用を引き起こしてしまう可能性もあるので、十分に注意して下さい。